FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

FXの手法を磨くには

 

目次

  f:id:fxtrader-man:20170723094906j:plain

「手法」という「原石を磨くのはじぶん自身

人が成長する様を「原石を磨く」と表現することがある。すると「ダ イヤモンドのような輝きを放つ人間になる」ようなことが起きるわけだ。

 

しかしこの「磨 く」という作業がものすごく困難である。形を整えていくことも大変だし、たとえば木材を削る時はカンナという道具を使って何度も削っていく。 爪を磨くと爪は光り輝くがその作業は大変だ。

 

FXでいう手法とは、ダイヤの「原石」のようなもの。「原石」は、至るところに転がっている。

 

大事なのは、削る本人の努力と、削る道具だ。道具が素晴らしければ、削るスピードは速くなる。もしく は、より輝く物ができるかもしれない。 ここで言う道具というものが、トレードスキルなのだ。そのスキルの材料とな るものの1つが環境認識になる。

 

テクニカル分析も非常に優秀な道具である。相場の流れを見ていると、 テクニカル分析が様々な理由付けをしてくれる。これを後付けでしか 使えないと言うトレーダーもたくさんいるのも事実。そう言う気持ちもわからないでもない。

 

大事なのは、道具を使う本人次第だ。

 

素人が爪を磨いたら、輝くまでに時間がかかる。プロが爪を磨いた ら、みるみるうちに輝く爪ができる。磨く本人が知る「磨き方」、 道具には「使い方」がある。

 

つまり何を言いたいのかというとそれは、「使い方を知らないと痛い目を見る」 と言うこと。

 

 

素人とプロの違い

素人が家を作るとどうなる?素人だから、時間がものすご くかかる。素人だから、怪我をするリスクが高い。 素人だから、出来上がった家の完成度は?プロに劣らない家ができるだろうか?

 

いやいや、そんなはずはない。傾いた家が完成するんだ。道具の使い方を知る必要がある。 道具を使う人、それぞれ使い方は微妙に異なり「こうすると早い」、「こうするともっと綺麗になる」鍛錬することで技が磨かれていく。

 

それを「プロの技」と表現したりする。つまり、使い方を知ってからは、 道具を使う練習をする必要があり、さらに技を磨いていく必要があるということだ。 最初は練習から入り練習して腕を磨く。そして、実践。すると、練習のようにはいかない。実践になると、木材の微妙な差に気付く。事あるごとに材料は変化しているのだ。

 

求められることも毎回違う。建つ家の設計が毎回違う。 そして、環境すら違ってくる。毎日天気も違えば、自身の体調も違 えば、職人ですら変わる。実践の中でしか見えない現実がある 。 

 

勉強、研究、検証、実践

FXのトレードにおいてはほとんどの人が、使い方も知らず、練習もせず、突然実践に入っているよ うな気がしている。それでは、うまくいくものも、うまくいかなくなっ てしまうだろう。

 

相場において環境認識は必ず知る必要がある項目と言える。なので勉強、検証、研究は必須となっていく。

 

FXのトレードの世界にいる以上、トレードを止めるまで研究し続けていかなけ ればならない。その努力を怠ってしまうかもしれないと思うのであれば、 トレードはしないほうが懸命と言える。

 

それほど勝ち続けていくた めの覚悟が必要となる。誰でも簡単に楽して稼げるほど決して甘い世界ではない。『このサインツールだけで単時間でサクッと稼げる』そんな誇大広告がネット上には溢れているが、とても現実的ではない。

 

  •  トレードをするのなら、常に研究は必須となる
  •  勝ち続けていく覚悟を持って取り組まなければならない

 

その次に待っているものは、果てしない実践の旅だ。終わりはない。

 

常に改善の連続。完璧な手法はなかなか見つからない。もともと聖杯なんてこの世に存在しない。

 

改善し続けていけるから人生はおもしろい。トレードも同じだ。 勝っているトレーダーは並大抵ではない努力を積み重ねている。それは当たり前の話だ。それに立ち向かっていく「覚悟」が必要。

 

結局は「考え方は重要な入り口。それだけでは勝てない」ということも理 解しなければいけない。向上に限界はない。なので考え方も向上し続けていけるはずだ。終わりはない。常に改善し続けて、より良いトレードが出来る ように、心の環境を整えていく必要がある。 

f:id:fxtrader-man:20170723091538j:plain

最後に

トレードの厳しい面ばかり話したが、ただ最後に、楽しんで取り組む努力もして頂きたいと思う。 楽しくないことは続かない。勉強、研究、検証、実践の中に楽しさを見 出すことができれば、知らず知らずの内に向上し続けていく。 トレードが楽しいビジネスになれば、それはとても幸せなことだ。

 

皆さまのトレードに勝利をもたらし、爆益になることをココロよりお祈り申しております。