FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

損切を極めるための考え方

 

『損切が一番大切』

理由は損切ができない人はいづれ資金を溶かすから。

f:id:fxtrader-man:20170721111156j:plain

であれば退場しないためにはこの損切を極めないといけない。勝つことばかりに意識を向けていては、いくら勝率は高くてもコツコツドカンでせっかく稼いだ利益を飛ばしてしまう。

 

なのでインターネット上には損切に関する話は山ほどある。・・・その前にコツコツ利益を積み上げるスキルがないとそれすらもできない。

 

しかし本当に損切の重要性にふれている例があまり見つからないので、ここであえて話をしてみよう。

まず損切は資金を失くさない為にする行為だ。必要経費としての出費と考える。100%勝てるトレーダーはまずいない。これらも、もちろん間違いではなく正解だ。

  

ここでもうすこし掘り下げてみよう。


損切ラインってどこに引くだろうか?ストップをどこに置く?これを本気で考えたことあるだろうか?なんとなく直近の安値(高値)に入れてはいないだろうか?

 

押し目かも?と思ってエントリーして直近高値を更新する前にロングエントリーをして直近の安値に損切りを入れる。あとは上昇するのを待つばかり・・・と思っていたら
すぐにロスカット

 

▼ 図にした例

f:id:fxtrader-man:20170721115328p:plain

そのあと結局思惑通りの方向に進んだけど何もできずただ眺めているだけだった・・・こんな経験をしたトレーダーは沢山いるだろう。

 

直近高値を更新しないうちは損切りに設定した「安値」はまだ確定していない。つまりまだ下げる可能性が残っている。つまり「まだ下げる可能性」を無視した損切り設定というのは実はギャンブルと変わらないエントリーポイントだ。

 

つまり損切りとは買いであれば「これ以上、下げない」ところに設定する必要がある。売りであれば「これ以上、上げない」ところだ。

 

しかし、これ以上下げない(上げない)損切りラインがエントリーポイントから乖離していればリスクリワードが悪くなってしまう。ならばどうすればいい?

 

つまりエントリーは「これ以上、下げない」「これ以上、上げない」ライン付近で行うしかない。

 

逆に言うとトレンド方向さえ間違わなければ、「これ以上、下げない」「これ以上、上げない」ラインを見つけることができればあとは適当にエントリーをしても勝手にレートはトレンド方向に進んでいく。

 

伝わってます?

究極のエントリーポイントとはこれ以上、下げない(上げない)ポイントをみつけること。そしてそのポイントがストップを置く場所、要は損切ラインだ。

 

過去のリアルチャートでトレード編を見てもらうと分かると思うが、ストップを限りなく狭くしてエントリーしても、大概が思惑通りに進むので損切ラインを建値かトレイルにすぐ切り替えているのが理解できるはずだ。

 

あわせて読みたい『過去のリアルチャートトレード編』:参考例・・・1

fxtrader-man.hatenablog.com

 

あわせて読みたい『過去のリアルチャートトレード編』:参考例・・・2

fxtrader-man.hatenablog.com

 

あわせて読みたい『過去のリアルチャートトレード編』:参考例・・・3

fxtrader-man.hatenablog.com

損切りに引っかかるか、引っかからずに素直に上昇(下降)するか、ただお祈りトレードになっていないだろうか?

 

そうではなく、エントリーだけではなく損切ライン(ストップ)にもしっかりと根拠を持たせて欲しい。これ以上、上げない(下げない)ポイントを損切りラインにするんだ。

 

そしてそのようなところのみエントリーする。そうすれば勝率もどんどん高くなる。

相場やFXは損切りのできないトレーダーも多いのが実情だが、損切の根拠をしっかり持たせておけば、根拠が崩れた時点でロスカットすればいい。きっとそれは少額な損失で済むはずだ。

 

そしてレートが思惑通りに伸びた場合はストップを押目、戻り目ごとにずらす。こうしていれば、すでに利益が確定しているのでストレスも少ない。そうやって含み益を確保していくことはトレンドフォローの王道だ。

 

レートは「支えられる」からこそ上昇するのでありそれ以上「下げない」からこそ買われる。

 

レートは「抑えられる」からこそ下に落ちるのでありそれ以上「上げない」からこそ売られる。

 

 

損切りの設定は我々トレーダーに与えられた最大の優位性だ。それを活かさない手はない。


本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。皆さまのトレードに勝利をもたらし、爆益になることをココロよりお祈り申しております。