FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

相場の勢いを読むスキルを身につけるには?

 

目次

f:id:fxtrader-man:20170716081520p:plain


ラインを引くだけではダメ

5分足チャートはどっちに向うのか?と判断する際にまず1時間足を開いてサポートラインとレジスタンスラインを引いてみる。次に、5分足に戻って高値と安値を切り上げているなら上昇トレンド。高値と安値を切り下げているなら下降トレンド。どちらでもないならレンジ。

サポートラインとレジスタンスラインの真ん中あたりに位置していて5分足が上昇トレンドになっていれば、レジスタンスラインまでは上げる可能性が高い。しかしこれはごく一般的なレベルの読みだ。


もっと重要なのはラインに近づいているとして、ラインを抜けそうなのか?それともラインで跳ね返されそうなのか?こういう予測はつかない。


上にレジスタンスラインがある、5分足が上昇トレンドであるという根拠以外にもう一つ必要になるのは、「値動きの強さ」を読み取るスキルだ。


相場は強い方向に進み、弱い方向とは逆に進む

値動きの強さと弱さを読み取るスキルってなんだ?と思うかもしれない。相場では買い手と売り手が常に戦っている。大口は交互に攻撃を繰りかえしているんだ。

買い手が攻撃する時には上げ、売り手が攻撃する時には下げる。当然だ。


基本的には、相場では次のような法則が存在する。

  • ローソク足チャートが強さを示している方向に進むことが多い
  • ローソク足チャートが弱さを示している方向とは逆に進むことが多



要するに、上げる時の勢いと、下げる時の勢いを比較し続けその勢いの差を投影するような感じになる。



「相場は強さを示す方向に進み、弱さを示している方向とは逆に進む」


これはとても重要な考え方だ。スキャルピングをする場合でも、これをベースとしてトレードをする。

f:id:fxtrader-man:20170716081602j:plain

相場の勢いを読むスキルを身につけるには?

実は相場の勢いを読み取る方法はたくさんある。オシレータもその一つ。RSIやストキャスティクス、MACDなどのテクニカル指標といったものだ。しかしそれらはすべてローソク足が出来てから計算され表示されるので実はあまり重要ではない。まあMACDヒストグラムなら、ある程度の傾向は先行しているが。


ただ値動きは一直線に進まない。上げたり下げたりしながら波を描画する。その一つ一つの波のことをスイングや波動と言ったりもする。勢いを読むにはその一つ一つの波動の勢いを分析するんだ。

アップトレンドの場合

  • 上げの波動の角度
  • 上げの波動の値幅
  • 上げの波動の加速/失速


ダウントレンドの場合

  • 下げの波動の角度
  • 下げの波動の値幅
  • 下げの波動の加速/失速



例えば、上げの波動の値幅と、下げの波動の値幅を比べて上げの波動の値幅の方が広いのであれば、買いの方が勢いがあるということになる。


また、1つ前の上げの値幅と比べて今回の上げの値幅が小さくなっているなら、上げの勢いが弱まってきたということになる。これはローソク足を見ていればダイバージェンスがおきているかどうか、オシレータが無くても察しがつくようになる。

 

ダイバージェンス

ダイバージェンスとは|金融知識ガイド-iFinance



このような分析をいくつか組み合わせ買いと売りのどちらが強いのかを読み取っていく。


そして強い方向に対して順張りをする。他にも、一本一本のローソク足の出方を読み続けて強さと弱さを感じ取っていく方法もある。これはまた別の機会に。




値動きの勢いを分析する場合に大切なことはテクニカル指標で分析するにしても、ローソク足の動きを分析するにしても同じだが、たった1つのスイングの勢いを単体で分析してもあまり意味がない。今のスイングと、1つ前のスイングを比べてみて相対的に勢いが強いのか、弱いのかを判断する。


というように、相対的な勢いはどうか?という視点で見るようにすれば、

  • ローソク足チャートが強さを示している方向に進むことが多い
  • ローソク足チャートが弱さを示している方向とは逆に進むことが多

 

あとはローソク足に素直に従ってトレードするだけだ。これで一歩先ゆくトレーダーに変身する。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。皆さまのトレードに勝利をもたらし、爆益になることをココロよりお祈り申しております。