FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

トレードする時に意識する10箇条

 

トレードする時に意識する10箇条

 f:id:fxtrader-man:20170715130109j:plain

  1. トレンド方向についていく(逆張りより順張りで)
  2. 押し目、初戻り目を狙う(中途半端なポイントでエントリー、甘いエントリーは命取り)
  3. 2を待てば待つほど勝率はあがる(慌てるほど負け易い)
  4. チャートにしたがう(個人の予想や願望は要らない)
  5. 値ごろ感で絶対売買しない(値ごろ感なんてあっという間に打ち砕かれる)
  6. トレードしている自分のココロを観察する(熱くなり過ぎない)
  7. 人に見せられるトレードを心がける(自分勝手なトレードをしない)
  8. オーバートレードは慎む(LOT数、資金管理、勝てそうでも回数はほどほどに)
  9. 根拠が崩れたらエグジット(利確・損切とも)
  10. 間違いを素直に認める(損切を躊躇わない)

 

これ自体はじぶん自身がトレードする際に意識していることだがいかがだっただろう?これを全部徹底して守ることができたらトレードで利益をだすことなんて簡単なんじゃ?と思えないだろうか?負けこんだとき程、一旦じぶん自身を見つめおし、どんなルールだったか振り返るべき。

 

こういうこ振り返りができないと、じぶんを前面にだしたワガママなトレードをして資金を減らしていくんだ。本能のままトレードすれば資金が減ることを知っているからFX会社は口座開設キャンペーンや、いろんな景品をつけて顧客を囲いこむ。理由は単純明快、負けこんでくれたらそれはみんなFX会社の利益になる。

 

言っておくが、国内のFX会社に注文をだしてもそのオーダーはインターバンク市場でなく、その会社内で処理される。国内のほとんどがDD方式(Dealing Desk)を採用している。

 

 DD方式とNDD方式の違い

DD方式とは、市場であるインターバンクに注文を流さずに、相対取引と呼ばれるもので社内で処理をしてしまい顧客通しの注文を組み合わせたり、損失がでたら会社の利益、利益が出過ぎたらそのトレーダーの口座を凍結、あるいはストップ狩りや不利な約定も行われるってことだ。なのでなかなかMT4を使わせない。お金をかけてでも自社のプラットフォームを開発するわけだ。ただし今は比較サイトや口コミがあるのであからさまなストップ狩りをしないが、やはりDD方式には不透明な部分があるのは否めない。

 

ただしスプレッドは極端に狭いし利益にたいする所得税率も20%と低いので、国内口座は必須になる。なので資金が多くなれば国内で口座をいくつかに分散し、資金を分けたほうがよい。

 

一方海外はNDD方式(Non Dealing Desk)がメインとなる。NDD方式の快適な取引環境に慣れてしまうと、DD方式の業者には戻れなくなってしまう。トレードはMT4がメインで透明性がたかくディーラーを介さないので注文はそのままインターバンクへ流れる。ただしスプレッドは割高になってしまう。

 

このスプレッドをトレーダーに還元する仕組みはキャッシュバックサイトですでにあるので、これを活用すればよい。キャッシュバックサイトを経由して口座開設することでトレードした分のスプレッドの何割かトレーダー自身に戻ってくる仕組みなので使わない手はない。自分もこれを知ってから、海外口座はすべてここを経由して口座を作りなおしたくらいだ。

 

海外FX業者は顧客の利益に相反しないのでどんどんトレードしてもらったほうがよく、それが業者にとっても利益につながる。なので入金ボーナスや、口座開設資金を証拠金として提供しても利益がでる仕組みになっている。

 

かたや国内のFX業者がなんであんなにスプレッドが狭いか?もうお気づきかと思うが、スプレッドの安さに初心者は飛びつく。そして初心者ほど負けてくれる。上級者になればスプレッドよりも取引の透明性や約定のしやすさを求めるんだ。

 

これが真実だよ。国内で数は少ないがNDD方式を使っているところはある。しかし国内口座開設数ナンバー1、2とよく宣伝しているところですらDD方式だ。いずれこういった情報が広まることで国内業者もNDD方式に変えざるを得なくなるかもしれない。

 

ただ、まだまだ多くのトレーダーはこの事実を知らずにトレードしているのではないかと思うので、このNDD方式DD方式を必ずチェックして頂きたい。海外のトレーダーはNDD方式でないとトレードしない。

 

国内FX業者からクレームがこないことを祈る。このブログのタイトル通りのことを書いたまでだ。

 

▼スプレッドキャッシュバックサイト

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。皆さまのトレードに勝利をもたらし、爆益になることをココロよりお祈り申しております。