FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

ほんとは人に教えたくないトレードシナリオ

 

考えてみてほしいのだが、もしエントリーしたポジションが利益になるには何が起きる必要があるのだろうか?

f:id:fxtrader-man:20170701102550j:plain

もちろん、利益方向に値が動いてくれることが必要だけれども、もっと具体的には、何が必要?


エントリーの際に値動きをみきわめること。



FXや株のトレードで利益を上げることができるのは、まず値動きがあるからだ。値動きがあれば、利益を上げられる。

しかし重要なことは、あなたがエントリーした後、エントリーした方向へ値が動いてくれないといけないということだ。


値が動くために必要なことは何?それは大量の注文についていくことだ。注文が出るから値が動く。


当たり前のことだが、買いで利益をあげるには、その買注文は値を押し上げるほど十分多くないといけない。空売りで利益を上げるには、さらにその売り注文は値を押し下げるのに十分多くなければいけない。

あなたのポジション(建玉をサポートしてくれる大量の注文がなければ、あなたのポジションに利益は乗らないし利食いすることもできない。


たとえばチャートを使ってエントリーするときには、値動きについていき、その大量の注文をだす人の思惑を感じなければならない。


RSIや移動平均線などのテクニカル指標ばかり見ていては、そういう思惑は感じられない。


ヘッジファンドは何を考えて仕掛けているだろう?」

といったことを常に意識しながらチャートを見る必要がある。トレードという厳しい世界で安定して勝つには他のトレーダーよりも上のレベルでチャートを読み他のトレーダーの意思決定を予測し彼らの弱みを突いていかなければならない。


それでこそ、その瞬間を狙い撃ちすることが可能になる。今回もあまり人に教えたくない値動きについて実際のチャートを使って説明しよう。

 

人に教えたくないシリーズ第二弾だ。

 

あわせて読みたい第一弾『ホントは人に教えたくないトレードスキルをあげるコツ』

fxtrader-man.hatenablog.com



これは昨日のチャートだが、日本時間で上げてきた米ドル円を欧州時間に入ると、無理やり下げようとつよい圧力がかかった。通常、下げる場合はストーンと落ちるケースが多いのだが、何度も何度の上昇の圧力を消すかのように無理やり下げたんだ。その後も髭で反発してもまた無理やり下げるのがローソク足から読める。

 

▼USD/JPY M1(1分足)

f:id:fxtrader-man:20170708081750p:plain

 

そのあと頃合いをみて一気に買い上げ、とにかく高値付近まで上げまくった。そこで前回高値を一瞬超えてブレイクアウトにみせかけ、一瞬で落とした。こいう場所では高値掴みするひとが多い。欧州のどこのヘッジファンドがしかけたのか知らないが、安値で仕込ために、無理やり下げ⇒安くなったところで一気に買い、高値で売り抜けたいために一瞬レートをつり上げ、下に落とす。

 

こういうシナリオを考えながらトレードすると、また違う相場観がうまれる。それではまた。

 

皆さまのトレードに勝利をもたらし、爆益になることをココロよりお祈り申しております。