FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

リアルチャート分析(環境認識編)

 

リアルチャート分析(環境認識編)

▼USD/JPY D1(日足)

f:id:fxtrader-man:20170706130858p:plain

 MAは上方向、買い優勢。しかし高値は切り下がっている。MAまで戻されるとしたら、下へ落ちると結構な値幅あり。

 

▼ USD/JPY H4(4時間足)

f:id:fxtrader-man:20170706131014p:plain

 MAは上方向、買い優勢。上昇ダウを築いている。またサポートラインとトレンドラインに差し掛かろうとしているので反発するのか、下に抜けるのか、よく動きを観察しないとならない。

 

 

 

▼USD/JPY H1(1時間足)

f:id:fxtrader-man:20170706131458p:plain

レジサポがうまく機能しているところ、ただしMAを割ってきたので単純なアップトレンドではない。抜けたら下へ動くし、反発すれば上。結構注文が溜まっていそうなポイントだ。

 

 

▼USD/JPY M5(5分足)

f:id:fxtrader-man:20170706131836p:plain

5分足は完全にダウントレンドだ。これが上位足に波及するか、上位足に押し戻されるか決着はまだついていない。ついてから入る戦略で十分だ。後出しジャンケンでよい。やはり欧州市場にはいってからのトレードが一番獲りやすい。

 

 

指標発表ではどんなトレードが有効か?

まずはじめに、雇用統計やFOMCなど重要な指標発表では相場は大きくうごく。基本的に国内のFX業者であればスプレッドも拡がるし、スキャルピングになれていない人にとっては難しい。

 

しかし短時間で大きく稼げるチャンスだともいえる。本日早朝にはFOMCがありチャートを見ればわかるが、上下に髭で50pipsほど動いていた。まあ普通のヒトは深夜から早朝にかけてトレードしないとは思うが、雇用統計は毎月第一金曜の21時30分(冬時間は22時30分)に行われる。それ以外にも世界ではいろんな発表がある。動きやすいのは各地域の金利政策の発表時だ。

 

 一番かんたんな方法は直前のレートの上下に逆指値注文をだしておくだけでいい。指標発表では50pipsほど動くことは頻繁にある。であれば10pipsほど上がれば買いの逆指値、下がれば売りの逆指値がかかるようにしておくだけでいい。あとはどちらか伸びたらエグジット。理論上はそれでいけるが、上下動したら両方とも損切にあうかもしれないな。やはりスキャルパー以外は手だし無用。 

 

 

そんなわけで指標発表の時間を必ず確認してからトレードする習慣にしていただきたい。

▼毎日チェック:羊飼いのFXブログ

FX ポータル

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことをココロより祈る。