FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

トレンドを意識する

 

人はチャート上のトレンドを把握するためにずっと昔から様々な分析を繰り返し試行錯誤してきた。その過程で色んなテクニカル分析が開発されたわけだ。

f:id:fxtrader-man:20170701102441j:plain

トレンドを把握するためにメジャーなテク二カルをあげると

 

 

代表的なものにはこういったものがある。さて、ここで質問。

 

今までトレンドに逆らってトレードしたことはあるだろうか?
MAの向きに逆らってトレードしたことはあるだろうか?
一目均衡表の雲に逆らってトレードしたことはあるだろうか
ダウ理論に逆らってトレードしたことはあるだろうか

 

正直に。

 

あっても全然大丈夫。自分もある。

 

ただし、現状なかなか勝てていない・・・というのであれば
まずこの部分だけ改善するのはどうだろう?


これだけで結果は明らかに改善されると思う。それぐらい「トレンドフォロー」というのはトレードの基本だ。

 

とは言え、トレンドの定義ができていなければトレンドフォローはできないので、ここでトレンドとは何?ということについて掘り下げてみよう。

 

トレンドとは簡単に言うと相場の方向性だ。

 

上昇していればアップトレンド
下降していればダウントレンド

 

 まあ当然といえば当然。

 

さらにもうひとつ別の状態がある。そう、レンジだ。方向感のない状態のことだ。

つまり相場は

  1. アップトレンド
  2. ダウントレンド
  3. レンジ


この3つの状態に分類したわけだ。チャートは複雑な形をしているためすべての事象に意味付けをしていくのはほぼ不可能。このようにある程度シンプルに考える必要がある。

 

ではどのようにシンプルにして3つに分けるか?

例えばMAからの視点で考えたばあい。

これはある特定期間のMAが水平に推移していたら、それはレンジであると判断することができるが、水平だった。・・・というのは、実はレンジが終わってからでなければわからない。

 

その時その時でわずかに上を向いていたり下を向いていたりするため、少なくとも1本の移動平均線だけでは明らかに上昇や下降しているときを除き、トレンドの判定はけっこう難しい。

 

しかし、中長期のMAも合わせて表示させていたらどうなる?そしてその中長期のMAがハッキリと上昇を示しているときに短期のMAが上を向いたらどうだろう?

 

それは短期MAのアップトレンドの合図ではないだろうか?また長期MAが水平気味に推移していたとしてもその上に短期の移動平均線が位置して(推移して)いたとしたら?

 

長期的な終値の平均値よりも短期的な終値の平均値のほうが上にあるということなので、レジスタンスライン等を上抜いたら上昇に転じやすいのではないだろうか?

 

▼期間の違うSMAを3本ひいてみる。

f:id:fxtrader-man:20170704162458p:plain

 短期MA⇒中期MA⇒長期MAが順番にならぶ時だ。パーフェクトオーダーとも言われる。

 

またそれ以外のときは、いわゆるレンジだと判断できる。安値を切り上げた時点で上向きのトレンドラインを引くことができるのでそのラインよりもレートが上に位置している限りはアップトレンドは継続。このときトレードは本来ロング以外は考えてはいけないんだ。

 

このようにトレンド方向にトレードするというのは、決して難しいことでもなんでもない。

 

一番難しいのはそのルールを継続してずっと守れるかどうかだ。


まずトレンドの定義をハッキリさせること。そしてルールを守ること。エントリーのタイミングがどうだ、インジケータの設定がああだ。テク二カルをいくつも表示させて最強のサインをみつける。・・・・という前に、


トレードで勝てていないのはトレンドフォローをしてないからかもしれないよ。

 


最後まで読んでくれてありがとう。 皆さまのトレードが上手くいくことをココロより願う。