FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

10,000時間の法則

 

マルコム・グラッドウェル氏が提唱した天才に生まれ変わるのに必要な時間、それが10,000時間だという法則がある。

 

結構有名な法則なので聞いたことがある人も多いだろう。10,000時間と聞いてもどのくらいなのかピンとこないかもしれないが、仮に3年で何らかの分野で天才になりたいと目標設定した場合、

 

10,000時間 ÷(3年×365日)=9.13時間


つまり毎日9時間以上継続して学習しなければならないという事になる。

 

これが一日3時間なら約9年程になるし、2時間なら約14年、1時間なら約27年かかる。

 

 

▼参考までに

10000時間の法則とは? 10000時間の法則計算機

 

殆どの人は途中で投げ出したり諦めるので天才になって本当に何かを成し遂げたいと思えば相当の時間が必要だ。

 

世界的に有名な成功者では・・・

 


ビル・ゲイツ

『中学2年生の時に初めてコンピューターに触れて以来、大学を中退するまで日夜8時間以上プログラムの開発にのめり込んでいました。』

 

ビートルズ、ジョンレノン

ハンブルクでは、1日8時間もステージに立たなくちゃならなかったから、新しいやり方を見つける必要があった。演奏もうまくなり、自信もついた。一晩中、演奏してたんだから、嫌でもそうなるだろう。客が外国人なのもよかった。観客にわかってもらおうとますます必死に、全身全霊で努力した。』

 

モーツァルト

6歳から作曲をはじめ、高く評価されたピアノ協奏曲「ジュノム」(K271)を作曲したのは21歳の頃。不世出の天才モーツァルトでさえ、本来の才能を発揮するのは作曲時間が1万時間を過ぎた後なのだ。

 

訓練は優れたレベルに達した後ではなく、優れたレベルに達するために行われる。

 

▼天才! 成功する人々の法則から引用

天才! 成功する人々の法則
講談社 (2014-01-31)
売り上げランキング: 18,870

 

 野球のイチロー選手が言った有名な言葉に、

『努力せずに何かできるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうだと思う。』

 

FXには努力する才能が必要だと言われている。まさにそのとおりだ。


トレードも質の高い学習と努力を継続していくことで誰でも結果は出せるものだと自分は信じている。ただしFXで結果を出せるようになるまで10、000時間も必要か?と言われればそこまでかかるほど難しいものでもない。

 

しかし誰でも10、000時間、方向性を定め継続して努力を続けることができたら

きっとトレードの天才になるのではないだろうか?

 

日本にはBNFとかcisとかどちらも原資100万~を数百億にした天才トレーダーが存在する。

 

それほど投資は夢のある世界だ。

 

海外を見渡せばレイ・ダリオという世界最大のヘッジファンド、「ブリッジウォーター・アソシエーツ」の創業者がいる。彼の純資産は168億$だ。円ではない。

hbol.jp

 

平等に与えらた時間をどう活用するかは結局のところ本人次第だが、天才になろうと思えば努力でなんとかなるんだということを知ってほしい。死ぬ気でやれば大概のことはなんだってできる。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。みんなのトレードが上手くいくことをココロより祈る。