FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

トレードを簡単にする方法とは?

まず最初に、FXは難しい思うだろうか?というより難しく考えていないだろうか?

 

f:id:fxtrader-man:20170627132621j:plain

実は・・・FXって上か下か、選択する通貨ペアも株式にくらべ圧倒的にすくない。やってることはとても単純で簡単なはずだ。「簡単」って言ってもそのへんの情報商材やWEB上の宣伝広告みたいに「ほったらかしで」「誰でも、初心者でも」「サイン通りに」「あっという間に」「数クリックで〇〇万円!」という意味ではない。

 

方法論として簡単なのではなくFXで勝つための「考え方」はいたって単純だということだ。実際トレードは単純だけど勝率が90%を超えることもあれば、50%程度のときもある。そういう意味では100%勝てないのでFXは難しい。誰だって予想通りに当てるなんてできないからだ。

 

しかし「考え方」さえ単純明快にしておけばその「考え方」に従いトレードをすればいいだけでなのでやはりFXは簡単だ。

 

例えば、MA方向にのみトレードするというロジックがあるが、これはMA方向にトレードしたほうが伸びやすいというのがその理由だ。必ずしもMA方向だけしかトレードしないという意味ではない。

 

伸びやすい、つまり誰がみても分かりやすいチャートであれば、MAと関係なくレートは伸びていく。例えばサポートラインがあったとしよう。このサポートラインよりも上は反転狙いの買い注文が入りやすく下は損切りの売り注文が入りやすくなっている。

 

それがMA方向に添っていれば伸びやすく上位足でも認識されやすければより伸びやすい。トレードとはただそれだけであり、そのようなポイントをチャート上から探すのが環境認識だ。

 

上昇しているようでも、そのすぐ上にレジスタンスラインがあればその手前には反転狙いの売り注文が集中しているため上昇の勢いは鈍る。であればそこから買っていくのは非常にリスクが高いトレードになる。

 

反対に、そのレジスタンスラインを上抜ければ今度はストップを巻き込んで上昇しやすくなる。ようはそのレジスタンスラインを超えたところにストップがたくさん入っているような形のチャートであれば、しかもそれが上位足でも同じように損切りを入れているようなラインであれば越えてきたときにいっきに巻き込んで上昇しやすくなるわけだ。※一応ストップとはストップロス、損切注文のこと。反対はテイクプロフィット、利確。

 

トレードとはチャート上のどこにどのような注文が入っているのか?これが環境認識であってそのポイントを探し出す作業だ。けっしてテクニカル分析やインジケーターありきではない。

 

 

▼わかりやすくチャートを使って説明してみよう。

f:id:fxtrader-man:20170627214641p:plain

この〇部分は1時間足で見ると明らかな安値切り上げで、買われやすい状態であることがわかる。さらに長期MAも上向きであることにより、売られにくい状態でもある。

 

その根拠は長期にいたる期間で買ってきていたトレーダーは平均してそのポジションは利益が出ているためあわてて手仕舞いする理由がない。

 

 

さらにMA付近までレートが戻しているということは今後買われ始めたときに売りの圧力が少ないということ。反対にMAから乖離していた場合、手仕舞いの売りの圧力が高まってくるから戻しやすい。これはグランビルの法則の考え方だ。

 

▼前にもグランビルの法則のポイントだけ書いた記事があるのでそちらを参考にしてもらえばいい。

 

fxtrader-man.hatenablog.com

 

聞けば納得するような内容かもしれないが、トレードをする時はこれらをしっかり意識してほしい。さらにレートは1つ前の高値付近まで戻しておりここでも買われやすい状態を築いているわけだ。

 

▼この5分足はどうなっているか?

f:id:fxtrader-man:20170627213903p:plain

1時間足で非常に買われやすい状態を作っているところで5分足でも明確な安値切り上げ。そしてレジサポ逆転。底をしっかりと固めた上でのレジスタンスライン(高値)越えなのですごく買われやすい。

 

せっかくなのでもう少し深く掘り下げてみよう。

▼チャートは前の1時間足と同じだ。

f:id:fxtrader-man:20170627213553p:plain

今度は視点をかえて損切りから考えてみよう。1つ前のチャートでは⑤のラインを越えたところで「買い」ということを説明した。しかし損切りから考えるトレードだと、この部分は②で売ったトレーダーが損切りを入れるところでもある。

 

ようは⑤のラインは1時間足で買いが入りやすい状態でかつ、⑤の売りで入ったストップを巻き込みやすいポイントということになる。

 

さらに、その⑤の損切りラインというのは実は①から売っていたトレーダーもストップの位置を移動させてくることもある。(より建値からの利幅を確定させるため)

 

つまり⑤のラインを越えるということは①から売ったトレーダーと②から売ったトレーダーのストップを巻き込んで上昇しやすくかつ1時間足で買われやすいポイントになる。

 

さらに④のラインを越えるということは①から売ったトレーダーすべてのストップを巻き込むことになりその④のラインとは③で売っていたトレーダーで⑥に損切りを入れていたトレーダーがストップを移動させてくるラインでもあるわけだ。

 

④のラインを上抜けるということは③で売ったトレーダーと①で売ったトレーダーのストップを巻き込むとのでより上に抜けた時に勢いがでる。こういうのがブレイクアウトがおきる理由だ。

 

もちろん1時間足で買われやすい相場環境であるという根拠もあり、これらをしっかり理解したなら、簡単にトレードで勝てるようになるのではないだろうか?

 

これらが表題の答えになるが、この内容でトレードが簡単に思えるようになったとしたら幸いだ。

 

最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことをココロより祈る。