FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

最高のエントリーポイント

FXとはチャート上のどこでエントリーすれば勝てるのか?

 

これはFXや株式のトレーダーにとっての永遠のテーマではないだろうか?これを追い求め相場に参加していると言っても過言ではない。しかしながら実は分かり易いポイントというのが相場には存在する。それはどこだと思う?ちょっと考えてみてほしい。

 ・

それは上位足の節目付近だ。な~あんだと思ったあなた。勝ててます?実はトレードってこれだけでも勝てたりする。インジケーターをいじったりいくらテクニカル分析を勉強したところでずっとチャートに張り付くよりもこれがシンプルでもっとも勝ちやすいエントリーポイントだ。節目付近でのエントリーを心掛けるだけで急に別人のようにトレードが上手くなったと思うことだってある。

f:id:fxtrader-man:20170625221713j:plain

それほど節目付近は分かりやすいんだ。上位足、例えば5分足でデイトレードをしている場合は1時間足~4時間足程度の節目付近、この時間軸で認識できる「節目」にレートが近付いてきたら5分足レベルで考えた場合、レートは止まったり反転したりすることが多い。

 

またこの「節目」を抜けたのであれば今度はその方向へと動き続けることが多くなる。ある程度トレードしていたらそんなこと当たり前のようにに知っていると思う。で、この「当たり前に知っている」ということなんだけど、当たり前である以上、多くのトレーダーが節目付近では今言ったような動きを意識するんだ。

 

下げていた相場が節目で止まったと思えば手仕舞いの買い注文が集中したり、節目付近にあらかじめ買い注文を仕込んでいた逆張りトレーダーも存在する。それまで買いポジションを持っていたら、そこでさらに買い増しするかもしれない。

 

結果的に相場は買われやすくなり、上位足が上昇トレンドを築いている途中であればそのトレンドはより強くなる。

 

ではレートが節目で止まることなく下抜いてきたら?

 

今度は節目の下に存在する損切りの売り注文に引っかかり始めレートは下げてくる。
新規で売ってくるトレーダーもいるだろう。必然的にレートは下がる。


この時、上位足が下げトレンドだったらどうなる?その下げトレンドはより強くなるだろう。

 

この理屈は相場をやっていたら当然知っている内容だ。ある程度のトレード経験があれば絶対に聞いたことがあると思う。トレードとは相場上の優位性にいかに少ないリスクでかけるかという行為でもある。その優位性を探すために日夜研究しているとは思うが、この「節目付近」の圧倒的な優位性はちゃんとトレードに活かしているだろうか?


節目を、ただ抜けたらエントリーする単なるブレイクライン程度にしか見ていないってことはない?トレードに勝てない、勝てていたとしても安定しない、そういうトレーダーはこの「節目」に対しての認識がとても甘い場合が多い。

 

トレードは「節目付近」を意識するだけで比較的簡単に勝てたりするんだ。上位足からしっかりと見ることによってトレードするところは勝手に浮かび上がってくる。なかなか勝てない、いい手法はないのか?と思う前にこの「節目付近」を意識してエントリーしたほうがいい。

 

そして、節目には「ダウ理論」が必ずついてくる。ダウ理論はトレードする階層の変化を探すために活かせばいい。その階層の中での買われすぎ売られすぎ、そこでオシレーターを使うのならわかるけど、ところかまわず、反転したからエントリー! なんてするものではない。

 

▼ダウ理論については過去に書いた記事があるのでそれを参考にしてもらえればいい。

fxtrader-man.hatenablog.com

 

さらに節目付近では注文が集中する。それが上位足から一致するラインであればなおのことだ。しかもその節目よりも「上」か「下」かで買い注文の集中と売り注文の集中とに明確に分かれるポイントだ。これは先を予測できない相場においては圧倒的な優位性と言っても過言ではない。

 

また、節目付近ということは次の節目までの値幅があることがほとんどだ。値幅があるということはリワードが得やすいということ、つまりリスクリワードに優れたエントリーをすることができる。

 

逆に節目にレートが近付いているのに、さらにそこで「節目方向」にトレードするということは期待値がほとんどない状態でのトレードということになるだろう。こういったことを避けるためにもチャート上の節目はラインを引くなどして認識しておく必要がある。

つまり節目付近でのトレードは買いか売りかが明確にわかり、かつ注文が集中しやすく、期待できる値幅も広いか狭いかがわかっている。


さらにトレンドラインやMAによる角度と方向を加えたときは、トレードというのは勝つべくして勝つことができるものになるのだ。どんなインジよりもMAの角度や向きの方がチャートに正直だ。

 

ところかまわずエントリーするのではなく一度、節目付近だけでトレードするということを心掛けてそれを継続してみてほしい。その節目付近で下位足はどうなっているか?

 

これ以外にもっと有効なエントリーポイントがあれば、反対に教えてほしいくらいだ。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことをココロより祈る。