FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

資金管理とポジションサイジング

金管理のポイント

FXに取り組むにあたって資金管理には絶対守らなければならない3つのポイントがある。それは、・・・

①資金は減らしても残すこと

②資金を減らさないこと

③資金を効率よく増やすこと

f:id:fxtrader-man:20170624175648p:plain

 だ。

 

ではそれぞれの中身について考えてみよう。


①資金は減らしても残すこと
トレードで負けが続いても、きちんと損切りを行えば資金を全て失うことはないということだ。そもそも為替はレートが上か下に動いて勝負が決まるので確率でいうと50%。すべて勘でやったとしても連続して負け続けること自体が難しいはず。

それでも資金を溶かす人の大半は損切りがうまくできていない。レートが思惑の逆に動いて含み損が増えてもいつか戻るだろうと耐え続け、我慢じきれずおおきな損切りをするか強制ロスカットになってしまう。

そうやって資金を溶かしてしまうためにじつに90%以上のヒトは1年以内に市場から撤退せざるを得ない状態になる。逆にいうときちんと損切りさえすれば①はクリアできる。

 

②資金を減らさないこと
当然①より難易度は上がる。トレードを続けて収支がトントンであれば、相当学習されている方だと思う。

 

なぜなら市場から大半の方が撤退するなかで資金を維持すること自体素晴らしい。あとほんの少しの壁を乗り越える事ができれば③の中に入れる可能性がある。

 

③資金を効率よく増やすこと
これは損小利大につきる。100%勝てるトレーダーはまずいない。100%勝てる手法も分析方法もこの世にはない。探すだけ無駄なことだ。聖杯探しはやめた方がいい。そんなのないから。少ない損切りと大きな利益。これが効率よく資金を増やす唯一の方法だ。

たとえ勝率が低くても収支はプラスになる。またその逆も言え、損大利小であれば勝率が高くても収支はマイナスに成り得るので③を目指すなら絶対に損小利大を徹底すべき。

 

以前にバルサラの破産確率の話をした。それを見れば損小利大がいかに重要かわかるはずだ。

あわせて読みたい『勝率にこだわる』

fxtrader-man.hatenablog.com

 



ポジションサイジングとメンタルの関係


ロットが大きくなるとロスカットになった場合の金額が大きくなり精神的に耐えられるかどうか、というハードルが発生する。

どんなに優秀なトレーダーでも勝率100%はあり得ないので必ずロスカットになることも想定してトレードする。ロスカットルールは少ないに越したことはないが、あまりに低いと逆行した場合にすぐストップに引っかかるので勝率が上がらない。


一般的にはロスカットは1%~5%が良いと言われているが、個人的に1%でも十分だ。※かりに資金1億あれば、それでも損切り100万になる(;´・ω・)なので金額が大きくなればなるほどリスクリワードの比率を少なくしたほうがよい。資金が増える程、より慎重なトレードでリスク管理を徹底しないと、せっかく増やした資金で勝負をかけ、それを失くしたら元も子もない!

 

f:id:fxtrader-man:20170624175815j:plain

例えば資金が100万円で5%の損切りなら5万円となり、2回、3回・・・5回負けが続くと、25万のマイナスになる。※実際は資金も減っていくので5%イコールマイナス5万ではないが(;´・ω・)

それでも冷静さを失わずトレード可能だろうか?普通に考えると、負けを取り返すがために人はロットをあげ、しまいにはローソク足に翻弄され振り回されるのがオチだ。

上がったら飛びついてロング(買い)、下がったら即ショート(売り)をしかける。またその時、同時平行的にトレードするのがロットをあげるという行為だろう。

これは自滅するもっとも典型的なパターンで、複利の反対、要は雪だるま式に資金を減らす行為だ。

資金が減ったらポジションを減らす、資金が増えたらポジションを上げる、ロスカットルールは守る。これは当然だな。と、言っても簡単なようでなかなか守れないのが普通のトレーダーだ。

トレードは決して適当にするものではなく、明確なルールの上で行うことが重要。


では適正なポジションサイジングはどのくらいなのか?

それは5回連続で負けても精神的に負担にならない程度、資金100万円、1%ルールなら連続して5回負けてもマイナス5万円、一回あたりの損切り額が1万円、その時のエントリーするリスクリワードに対し、ロスカット幅と枚数を算出すればよいだけのこと。


テクニカル指標のウィリアムズ%Rを考案した世界的なトップトレーダー、ラリーウィリアムズの言葉に



「連続して負け始めたら掛け金を減らし始めるのがべストだと考えている」


というのがあるが、とても的を得た名言だ。

f:id:fxtrader-man:20170624175955j:plain

 引用元:トレーダーズショップ

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことをココロより祈る。