FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

チャートを制すには?

 

だいそれた命題だが、チャートを制すとはいったいどういうことだろうか?

 

f:id:fxtrader-man:20170623193954j:plain

例えばFXにおけるロジックやトレードスタイルには色んなものがある。それらをいやという程使い倒すのも一つだ。制するという意味では遠からず近からずといったところか?

しかし世の中には溢れんばかりのFX情報が氾濫しているし、それらに時間足の組み合わせを加えると結局どれを選んでいいのか迷ってしまうことだろう。

いくつかロジックを挙げてみると

 1)ローソク足とオシレータのダイバージェンスを狙う

 2)ローソク足のプライアクションを見極めブレイクアウト

 3)MAの反発をみて戻り売り、押し目買いなどのトレンドフォロー

 4)MAやMACD、色んな分析ツールのゴールデンクロスデッドクロス

 5)オシレータとボリバンを使ったレンジ逆張り

 6)フィボナッチやハーモニックパターンを使った反転

 7)ボリバンのエクスパンションを狙ったバンドウオーク

 8)サポート、レジスタンスラインでの転換、反転、抜けを狙う

 9)Wトップ、ボトム、ヘッド&ショルダー、フラッグ、ペナントと言った

 チャートパターンからのエントリー

 10)ピンバーと各ラインの組み合わせ

 11)テクニカル分析で色んなサインの組み合わせ・・・などなど

思いつくまま挙げてみたが、まだまだ沢山あるだろう。それらの全てを駆使し勝ちまくろうと思ってもまず無理だ。また色んなロジックがあるのでそれに伴った色んな情報商材も存在している。

しかしたとえ優れたロジックだと言われていたとしても、それを使った全員がどういう訳か同じ結果を出せない。勝つ人と負ける人がいる。それらの原因はいったいなんだ?


色んなロジックやテクニカル分析を使いこなす事ではないはずだ。

「手法が全てではない。手法と同等以上に重要なことがいくつかある。」



f:id:fxtrader-man:20170623194012j:plain

実はチャートというのは水平ラインと斜めの2つの要素だけでできており、相場は水平(節目)と垂直(価格)、そこに(時間)が加わることによって垂直だったものがずれて斜めになる。

つまり水平ラインと斜めを使いこなす事がチャートを制するということだ。要はこれが出来ないと、どれだけ手法を学んでも勝ち続ける事は出来ない。環境認識が出来ていないのに、そこに色んな手法を持ち込んでもそれが合えば勝てるし、合わなければ勝てない。

水平ラインと斜めを使いこなす事が出来れば、そこにどんなテクニカル分析や手法を持ち込んでも基本が出来てるから使いこなす事が出来る。順番が逆だから殆どの人は市場から撤退する羽目になるんだ。

ただ事実を知ってしまえばチャートを2つの要素だけでシンプルに考えトレードする方がいい結果を出せるのではないだろうか?

複雑に考え予想してみても、上か下かは結局のところ分からない。ぜひ参考にしてほしい。

 

最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことを真剣に願う。