FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

優位性ってなに?

トレードにおける優位性ってなに?

 

色んな書籍やWEBサイト、ブログ、動画なんかでも、よくいわれている『優位性のあるところでトレードする』。

 

その優位性ってなんなん?テクニカルで優位性がわかるか?

 

f:id:fxtrader-man:20170620174430p:plain

 

基本的にはチャート上で優位性のあるところっていうことなんだろうど、本来チャートは値動きがベースにあるのでいくらインジケーターをいじったり色々組み合わせても、そこには優位性なんて見つからない。

 

その理由はインジケーターはサインが出るから反転するのではなく、反転したからサインが出るということだ。テクニカルは値動きに追随するだけなのに、インジケーターで優位性を探してどうする?だったらはじめから値動きで優位性を導き出せばいいんだよ。

 

じゃあ、値動きの優位性ってなに?ってことになるだろう。

 

それは注文が集中するラインはどこかを探すことにはじまる。それにはまず上位足から主要なラインをひくことだ。目立った高安値を探せばいい。

 

 

例えばサポートラインの上には買い注文が集中し、レジスタンスラインの下には売り注文が集中している。

 

チャートはランダムに動くが、このライン付近では注文が多いのでどちらに動くか、動き出したら一気に動き出す場合が多い。

 

そしてトレードは後出しじゃんけんで勝てばいいんだ。予めどっちにいくか予想したってそんなのはギャンブルだ。動いた方向に後出しで乗っかればいいんだ。そのポイントが高安値だ。

 

もっと適確にいうならば意味のある高安値だ。ここをぬけたら、ここを割ったらと思うようなところはチャートを遡っていけばここのラインは意識されてるなっていうのが見えてくる。

 

レジスタンスラインを越えたから買い

レジスタンスラインに近づいてきたからそろそろ売り
・サポートラインに近づいてきたからそろそろ買い
・サポートラインを割ったから売り

f:id:fxtrader-man:20170620194010p:plain

こういった場所が非常に高い優位性のあるポイントだ。インジケーターの優位性とは比較にならない。

 

 こういう値動きの優位性を意識してトレードすれば待つこともできるし、安定したトレードができるようになる。エントリーしてハラハラドキドキ、どっちにいうかは運に任せるトレードから脱却できる。テクニカル重視だったとしてもハラハラドキドキにはあまり変わらないと思うんだな。

 

言っとくが、このラインは日足、4時間足、1時間足くらいなら意識されるけど、1分足ではほとんど意識されてないぞ。たとえスキャルパーであっても1時間足のラインはチェックしたほうがいい。長い時間足ほどチャートは理にかなった動きになる。1分足はランダムだ。

 

高安値のラインを意識することと、それを超えたか割ったかはダウ理論を用いれば正直ローソク足だけでも実はトレード出来るんだな。余計な迷いが消えるからチャートが見やすくなる。

 

ポイントがくるまで待つトレード、一度試してみてほしい。

 

 

 最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことを真剣に願う。