FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

トレンド

 

 トレンド イズ フレンド

 

この言葉は、 「トレンドには絶対に逆らうな。トレンドに乗ることが大切だ」 というジョージソロスの有名な言葉だ。

 

f:id:fxtrader-man:20170618014452j:plain

引用元

ジョージ・ソロス - Wikipedia


この『トレンドに乗る』という簡単そうに見えて実はやろうとすると意外と難しいトレード手法。


そうは言ってもこれをクリアしないとFXでは勝てないので何としてでもトレンドフォローを身につけないといけない。

 

誰でも簡単にできているなら1年以内に退場するトレーダーが90%以上になるはずがない。

 

ちなみに新規参加者が1年以内に90%以上退場するといっている根拠は国内のFX業者間で言われいているだけであって正確な統計というものはないのだそうだ。

 

実際に退場する人はもっと多いと言われている。つまり継続して何年も勝ち続けるトレーダーは、数パーセント、いや1%もいない可能性だってある。それだけ相場は厳しい世界。

 

並大抵の努力ではきかない。常軌を逸するほどの努力が必要だ。少なくとも100人に1人の中に入ろうとする努力がいる。あるいは努力せざるを得ない境遇になった場合も死ぬ気で頑張るだろう。それほど難しいということを認識してもらいたい。


とは言うものの、トレンドに逆らったトレードを排除するのは難しくない。

 

ルールの中でMAの上ではショートしない、MAの下ではロングしないと決めればいい。根拠はシンプル、MAより上は買い方優勢、MAより下は売り方優勢だからだ。

 

f:id:fxtrader-man:20170618014748j:plain

 

UPトレンドが発生すればローソク足は自ずとMAより上になるし、DOWNトレンドが発生すればMAより下にが入っていく。これはトレンドフォローの基本中の基本だ。

 

これが逆張りを手法とするトレーダーになると反対の行為になる。だから常に売買が成立するんだ。またどの時間足でトレードするかでも見方はかわる。

 

見方をかえるとルールが作れないので、ルールを作るためにはどの時間足を使うか決めてしまえばいい。とは言っても最低3つから4つの時間足は監視した方がよい。

 

デイトレードであれば、最低限、日足は見るだろう。そして4時間足。1時間足。15分足~5分足を執行時間足にすればルールは作れる。すべての時間足でMAの方向が揃っていればその方向にエントリーするしかない。パーフェクトオーダーと言われるものだ。

 

トレンドフォローをベースにするならMAの方向が違う時間足で数多くそろったかでエントリーする方向を決めるのもルールとしては成立する。

 

あるいは、執行時間足に、監視しないといけない時間足のMAを同時に表示させれば簡易的なマルチタイムフレーム分析ができる。

 

例えば5分足のチャートに

12MAを表示させれば60分足のMAになる。48MAを表示させれば4時間足、288MAを表示させれば日足のMAになる。それらのMAはレジスタンスラインになったり、レジスタンスラインになったり、チャートを観察していくと、ああ、これ利いてるなという場面に何度も出くわす。

 

そうすれば複数時間足でのトレンドフォローがしやすくなるはずだ。間違ってもトレンドに逆らったトレードはしなくなる。トレンドに逆らった逆張りは獲得pipsがすくなく、トレンドに順じた順張りは獲得pipsが多くなる。

 

だからこそ

 

トレンド イズ フレンドだ。

 

 あのジョージソロスが言ってる言葉だ。肝に銘じたほうがよい。

 

ポイントは複数の時間足を分析しながら(マルチタイムフレーム分析)、ロングかショートかのエントリー方向を選択するというルールにすれば、サイコロを振ってエントリーを決めるよりずっと優位性のあるトレードが可能になる。

 

そこでリスクリワードを有利な数値で設定すれば、あとはトレードする度に資金が増えるとうシステムトレードの完成だ。

 

最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことを真剣に願う。