FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

勝率にこだわる

勝率は高いにこしたほうがいいと思ったヒト。

 

トレーダーなら勝率をあげることに必死になるヒトも多いだろう。負けトレードが多いよりも確かに精神的にも安定するかもしれない。しかしだ!高い勝率を意地になって保っても、たった1回のロスカットで資金が溶ける可能性があるのがFXだ。

f:id:fxtrader-man:20170617123255j:plain

トレードの目的はなんだ?勝率をあげることだろうか?資金を確実に増やすことだろうか?

 

仮に勝率50%としても

 

利益幅 > 損切り

 

となっていれば確実に資金は増える。これが常勝トレーダーだ。必ず負けトレードはある。それをいかに少ないところで損切するかだ。これができない内はデモで練習した方がいい。

 

勝率30%でも負けがコツコツで勝つときにドカーンと獲れるなら、これも常勝トレーダーだ。

 

利益幅  > 損切り

 

これが逆転してないか?



利益幅  < 損切り

 

になっていたら危険信号だと思ってよい。バルサラの破産確率を知っているだろうか?トレーダーには有名な確率論だ。

 

f:id:fxtrader-man:20170629012826p:plain

 

勝率が50%でも 

 

利益幅 = 損切り幅 

 

であれば破産する確率は表では50%になっているが、

 

利益幅 : 損切り幅 = 2 : 1 

 

なら破産する確率は0.9%にぐっと下がる。

 

トレーダーで勝率70%ならすごいと言われるだろう。しかし

 

利益幅 : 損切り幅 = 2 : 5

 

だったら破産確率は58.7%にもなる。

 

つまり高い勝率はなんの保証にもならないということ。負けトレードは誰でもある。むしろ損切りの額を抑えてトレードする方が重要だ。


エントリーしたらすぐストップを必ずおく、ローソク足が近づいてもずらさない。エントリーした時に設定したリスクリワードを勝手に変更しない。これが生きのこるための唯一の方法だ。

 

回数を多く勝とうとするトレードではなく負ける金額を少なくするトレードだ。これを早い段階で習慣化できていればいいが、長くやっていてもなかなか勝てない場合は一度いままでのトレードに対する考え方を見直した方がよい。

 

普通のヒトがやりたくないことをできるトレーダー、本能に逆らうことができるトレーダー、つねに自分と向き合うことができるトレーダー。

 

もしなかなか資金が増えないのであれば、テクニカルや手法を探すより自分の内面を見つめたほうがいい。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことを真剣に願う。