FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

ダウ理論を取り入れた思考方法とトレードの在り方

 

おそらくFXを始めた人なら必ず聞いたことがあるダウ理論。聞いたことがなければまず学習してほしい。ただし全部知る必要はないので、この記事の下の部分だけ腑に落ちるまで理解できれば十分。いや、やはり十分ではないな。

 

知識だけでは相場で生き残ることはできない。知識を活用できるようになってこそ一人前。それには経験が必要だ。

 

ダウ理論についての詳細な内容はググればすぐに見つかるので、あえてここでの説明は省くが、じつはこの理論がもっとも重要。これができていないと、絶対にチャートは読めない。

  

ダウ理論を考案したチャールズ・ヘンリー・ダウ

f:id:fxtrader-man:20170610135045j:plain

引用元チャールズ・ダウ - Wikipedia

 

 ダウ理論には

①平均はすべての事象を織り込む
②トレンドには3種類ある
③主要トレンドは3段階からなる
④平均は相互に確認されなければならない
⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない
⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

 

というものだが、この中でFXのチャートを読むときに絶対注意しなけらばならないのが⑥番になる。

 

これは明確にトレンドの転換シグナルが現れるまでトレンドは継続し続けるというもの。

f:id:fxtrader-man:20170610141339p:plain

何を意味するかというと、

上昇トレンドであれば高値を更新し続ける限りは上昇トレンドが続くし

下降トレンドであれば安値を更新し続ける限りは下降トレンドが続く。

 

高安値を超えたか超えないか、割ったか割らないか、これを常に監視しなければいけない。

 

よく根拠が崩れたら手持ちのポジションを外せと言われているがその根拠とはこのダウ理論の高安値を超える、割るということだ。

 

崩れるということはすぐ反転するかというと実はそうではない。レンジになることがほとんど。どっちにいくかわからない状態だ。

 

綺麗なトレンドが現われるのは相場の20%~30%と思っておいた方がいい。

 

これも開いている市場によって特徴がある。一般論になるがその市場での特徴を書いておく。

 

東京市場 

AM9時~

レンジ相場が多い。ただし要人発言で突発的に動くこともある。また、ごとう日や日銀の為替介入があれば大きく動く。

 

②欧州市場

ヨーロッパ勢、とくにロンドン勢が参加してくる夕方は急激に動くことが多い。日本時間で夕方16時~18時は要チェックだ。時間は短くトレンドも出易いがフェイクも多い。

 

③NY市場

夏時間21時~

冬時間22時~

欧州時間とかさなる時間帯は指標発表が多いので発表時間をちゃんとチェックしなければいけない。知らなかったでは済まされない。とんでもない動きになるから。

 

また深夜、このときトレンドがでたらこれでもかという程継続する。これにのるのが一日の中で一番獲得pipsが稼げる可能性がたかい。

 

 

つぎに相場での戦略。

レンジ相場では逆張りが有利なので、あまり初心者にはオススメしない。

初心者ほど、順張り、トレンドフォローを戦略にした方が勝ち易いからだ。

 

その方が確実に勝率があがる。トレンドがでるまでひたすら待ち、でたらトレンド方向にできるだけリスクリワードの有利な場所でエントリーしその根拠が崩れるまでポジションを保有し続ける。

 

一番いいのは初押し、初戻りではいることを心がけてそれを我慢強く待つことだ。

 エントリーした場所がわるく逆行しさらにトレンドが崩れた場合、レンジなら建値に戻ることも多い。

 

それを我慢してポジションを保有し続けると、とんでもないしっぺ返しがくる。

しっぺ返しとは資金を溶かすことだ。資金が無限大にあればいいが、なければ強制ロスカットが待っている。

 

証拠金維持率がロスカットの水準を下回らずに建値に戻ってきたとしよう。結果はよかったかもしれない。たぶん精神的にはホッとする。でもそれは悪魔のささやきだ。

 

いずれ資金を溶かすための悪習でしかない。悪習は断たなければ相場で生き残ることは難しい。きっぱりと損切することを徹底していただきたい。

 

それは負けを認めるということだ。その負けは一時的な負けで、長期的には勝ちになる。

 

「私が確かに人より優れている点は、私が間違いを認められるところです。それが私の成功の秘密なのです。」

 

これはジョージソロスの言葉だ。肝に銘じよう。

 

 今回はこの辺で。

 

 最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことを真剣に祈る。