FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

トレーダーは待つのが仕事

 

相場で生き残ろうと思ったら、トレードの回数は少ない程よい。これはトレードスタイルにもよるけれど、損切りを素早くするスキャルピングには当てはまらない。

 

スキャルピングは細かい利益を積み重ね、回数を増やすことで資金を増やすため、基本1分足や5分足を執行時間足としてトレードする。

 

ただし、長期の時間足も見ながら買いと売り、どちらが優勢か、またトレンドはどちらに向かっているのかも同時にチェックしておかないとかつがれてしまうこともある。

 

基本的にスキャルピングに適しているのはレンジ相場でスタイルとしては逆張りになる。また為替の動きがは70〜80%はレンジなのであまり動きが少ない場合でもコツコツ利益を重ねることができる。

 

ただスキャルピングは初心者にとって難しい。1分足と5分足の動きにまずついていけないのと、ランダム過ぎてチャートに振り回され損切り貧乏になる可能性が高い。

 

なのでスキャルピングは上級者のトレードスタイルと認識した方がいい。

 

ではデイトレーダーとして生き残ろうとするならば、トレードスタイルは待つのが仕事になる。エントリーチャンスは日に数回あるかどうかだ。

 f:id:fxtrader-man:20170609095655j:plain

ボラティリティが大きくなるとき、つまりトレンドが発生する初動を狙うスタイルだ。相場の20〜30%がトレンド。

 

トレンドが出るまで待って待って待ちまくる。最高のエントリーチャンスを狙うことが生き残こる為の最高の秘訣。

 

これを習慣化するとポジポジ病になることはない。チャートを開いて即エントリーするなんてこともなくなる。

 

待つというのはストップが溜まっていそうな箇所は長期足にラインを引けば見えてくるし、そこのブレイクアウトを狙えばいい。

 

また、ボリンジャーバンドでいうとスクイーズからエクスパンションするのを待ち構える。だいたいそういう箇所は三角保ちあい(トライアングル)になっているので抜けた方にエントリーすれば大きくpipsを獲得できる。

 

次にトレンドの転換を狙うなら、長期足のダブルトップやダブルボトム、ヘッドアンドショルダーが現れたようなところで1回目の戻りや押しをとりにいけば大きく外すことはない。

 

実は相場は待てば待つ程、勝率は上がってくることに気付くはず。トレード回数を増やして利益を上げる行為は上級者に任せ、確実に生き残ろうとするならば待つトレードがもっとも優れた考え方だと思った方がよい。

 

『まずは生き残れ、勝つのはそれからだ』

 

といったジョージソロスの言葉通り、生き残ろうと思ったらエントリーチャンスを待ち構えることに尽きる。

 

是非意識してトレードしてみてほしい。きっと負けトレードが間違いなく減っていくので。

 

 最後まで読んでくれてありがとう。 みんなのトレードが上手くいくことを真剣に祈る。