FXで勝つための本当に必要なことを書いてるBlog

人生のどん底からハイレバスキャルで勝率98%、少額資金を1日で46倍にしたり、最高日給70万9722円を稼ぎ出した実績をもとに相場で必要なことを書いています。本当に勝ちたいと思う人に必ずお役に立てるよう有益な情報を日々発信しています。また『高額塾や情報商材で学べるものより質の高い内容を無料で!』をコンセプトにしています。証拠画像はこちら➾1・goo.gl/zgc19n  2・ goo.gl/HXz5Wf

 

◎このブログが少しでも参考になったと思われた方はクリックをお願いします。

人気ブログランキング
  にほんブログ村 為替ブログ 裁量トレード派へ
にほんブログ村

海外口座と国内口座

 

海外のFX会社と国内のFX会社

これってどっちがいいかと言われたら、初心者であればあるほど、即、海外のFX会社と返答する。

 

何故ならより顧客目線なのは海外のFX会社だから。

国内と海外で比較したとき、きっとFXをやっている人ならレバレッジが一番の違いだというはずだ。

 

国内は規制があって25倍。海外は規制がないので数千倍まである。

まあ大体は400倍とか500倍、すこし多くてXMが888倍~GEMFOREXの1000倍、さらに知っている限りではFBSが3000倍。

 

入金ボーナスは100%で口座開設も10000円のキャッシュバックがあるGEMFOREXは正直おすすめしない。ロスカット水準が100%の証拠金維持率でなされるのでレバレッジ1000倍のメリットが活かしずらい。

 

XMは入金ボーナスが3000円とレバレッジは888倍とすこし見劣りするかもしれないが、ロスカット水準が20%なのでそちらの方が少額で運用するには適している。

 

つまり、フルレバでエントリーし逆行した場合、すぐロスカットになるのがGEMFOREXだ。

 

昔、表向き危険だからという理由で日本のFX会社を規制した金融庁の本当の目的は

稼げる個人が多くなることを良しとしなかったから。

 

もし数千倍のレバレッジがあればうまく勝てるようになると億の資産をつくる時間がぐっと短縮される。

 

少額から始めて億り人←億越えトレーダーのことになった人はほとんど海外口座を活用している。

 

また海外口座のメリットは追証がない。ほとんどがゼロカットシステム。

 

そしてMT4というプラットフォームが大半なので会社を変えたからといって操作に不慣れになることがない。

まれに iFOREXやInfinity Spaceといった独自のプラットフォームを扱う海外のFX会社も存在はしているが。※ロスカット水準が0%はiFOREXしかない。

 iFOREX(FXnet Trader)

f:id:fxtrader-man:20170611020033j:plain

Infinity Space(FX TROLL)

f:id:fxtrader-man:20170611020036j:plain

ただ全部とは言わないけれど国内のFX会社は何故独自のプラットフォームをお金をかけてでも使っていると思う?

 

答えは簡単、会社で利益調整をできるからのヒトコトに尽きる。それ以外の理由が見当たらない。

 

顧客の損は会社の利益、これ常識。国内のFX会社は注文を自社で完結させてるから。

独自のプラットフォームなら市場のレートを変えたりストップ狩りといわれる行為も平然と行われる。ノミ行為といわれるやつだ。

 

MT4と独自プラットフォームのチャートを見比べるとなんでこんなところに髭が?っていう場面に遭遇することが幾度となくあったのでこれも実際に行われているのは確認している。

f:id:fxtrader-man:20170607210812p:plain

上のアイコンのように海外口座をいくつも作ってやってみたので中身はほぼほぼ知り尽くしている。国内のプラットフォームもこの中にあるけれどこの理由は後ほど説明する。

 

あとは海外の色んなキャンペーン。

海外のFX会社は太っ腹なイメージがある。いやイメージではない。これも体験済。

 

実は口座開設だけでボーナスをもらえるFX会社がいくつもある。

入金ボーナス、トレードのキャッシュバック、賞金キャンペーンと様々だ。

IBもある。←紹介制度のこと。

 

本当に無料でMT4の口座にボーナスが入金されるので以下のFX会社を一度使ってみるといい。

 

FBSなら123$

ForexMartなら250$

IronFXなら35$

XMなら3000円

 

ボーナスを出金するのには色々諸条件はあるのだけれど証拠金としての役割を充分果たしている。

 

ちなみに海外業者のスプレッドって広く見えるでしょ?

確かに表向きは国内業者に比べると高くみえる。しかしハイレバは、その分コストは小資金を使うメリットとキャッシュバックで十分トレードをするに値する。

 

ちなみにだけどキャッシュバックサイトを使うことで実質スプレッドは狭くなるという話。どのくらい狭くなるか?

Insta Forexのリベートは1.32pips,まあここはドル円のスプレッド3pipsあるので、その約40%は本人にリベートされてもまあ普通だろう。

XMではドル円で平均スプレッドが1.7pipsだとしても0.6pipsは本人にリベートされる。(表記は10万通貨あたり6ドル)

 

f:id:fxtrader-man:20170625002129p:plain

つまりスキャルなどハイレバで一日何回もトレードすると莫大なリベートが発生するということだ。

 

一応世界最強と言われるキャッシュバックサイトを紹介しておく。

goo.gl

 

ご自身のトレードを一度振り返って計算してみるといい。

 

1日1LOTで30回トレードしたら

リベート率0.5pipsで月35万円程度が

戻ってくる。

 

 

f:id:fxtrader-man:20170607205815j:plain

すごいよね。本当に戻ってくるから全く心配無用。

会員数はすでに1万人を超え7億円以上が支払われている。

 

毎月25日以降にかかさずリベート分のキャッシュが口座にはいってくる。使わない手はない。

 

まだまだ書きたりないが今回はこの辺で。

また次回に海外FX会社のメリットを話したいと思う。

 

最後に何故国内口座もないとだめなのか?

これは税金のためだ。FXで稼いだお金には当然税金が重くのしかかってくる。

 

国内FXは申告分離課税なので、どれだけ利益を出しても収めなければいけない税金は一律20%

 

これが海外になると総合課税(雑所得)になるので所得に応じた累進税率がかかってくる。つまり所得の合計が330万までなら20%の税率なので国内、海外でもいいけれどそれを超えて申告する場合は結局国内のFX会社を使うしかない。

 

知らないで多額に利益を出した場合、最高税率50%、つまり半分もっていかれるのだ(;´・ω・)

 

投資金額が少ない初心者ほど追証がなくボーナスありの、リベートありの短期間で

大きく増やせる海外口座をつかうべきではないだろうか。

 

もっとも海外に居住し税率の少ない、香港やシンガポールで海外のFX会社でトレードするのが理想かもしれないけれど。

 

 

 皆さまのトレードに勝利をもたらし、爆益になることをココロよりお祈り申しております。